医師の求人募集に興味を持っています

30代後半過ぎてから仕事が体の負担に

30代後半過ぎてから仕事が体の負担に | 実家に戻って介護と医師を両立したい | 地元に新しい市民病院

県立医大を卒業してから、奨学金の返済を免除にしてもらうために研修を受けた県立医大で働き始めました。
実習の頃からお世話になった病院ですし、信頼できる先輩や教授もいるので、恵まれた職場だと感じていました。
しかし30代後半を過ぎてから、体調を崩すことが多くなり、夜勤勤務を負担に感じるようになりました。
そこで病棟勤務から外してもらいましたが、そうすると仕事にやりにくさを感じるようになりました。
このまま定年まで働くつもりでいましたが、同期の友人が開業したり、職場を変えたという話を耳にすると自分も変化が必要ではないかと考えてしまいます。
同じ職場で慣れ親しんだスタッフに囲まれているというのは居心地が良いですが、ぬるま湯の状態でいいのかと自問自答することがあるからです。
勤め先には愛着がありますが、全体的に保守的な傾向があるところに不満を感じていました。
研修に行くことを推奨されることも少なく、新しい機器の導入に関しても現場の声ではなく、全て上が独断で決めてしまうので納得できないところがあったからです。
同期の友人たちはスキルを向上させようという野心をもっていますが、自分は同じ場所に立ち止まっているような気がしていました。
体調を崩した原因も、知らないうちにそれらがストレスとなって圧迫してきたのではないかと考えることがあります。

医師専門の求人エージェントサービスを利用しました

夫婦ともに医師をしていたんですが、妊娠して子供が出来たので産休を取って出産しました。
産休をまだ利用できたんですが、早く復帰しないとポストが無くなると脅されて、出産後数か月で子供を預けて職場復帰しました。
そんな事もあって2人目の子供が出来た時に、子供が病気になった時などに休みやすくて、産休にも理解のある病院に職場を変えようと思って転職先を探し始めました。
ネットで医師の転職や求人サイトを調べていた時に、医師専門の求人エージェントサービスを見つけて入会しました。
入会すると担当のエージェントから面談の依頼が来て、週末に面談に行きました。

美容外科のオペは局麻だから患者に聞かれるような口頭での指導が出来ないって意見を見たんだけど、美容外科に限らず局麻のオペはあるし、普通に口頭での指導はして来たよ

そもそも患者が不安になるような指導をしないといけない医者に執刀なんてさせない

— ケリー (@jpdrkk) 2018年9月19日
担当エージェントは私の事情を真剣に聞いてくれて、ほとんど仕事を休んで来なかった真面目さを評価してくれて、「いい転職先を全力で探します。」と言ってくれました。
それから何回か面談を繰り返しながら、より細かい要望も聞いてくれて、1ヶ月後に3つの病院を紹介してくれました。
どの病院もほとんど条件を満たしていましたが、産休や急な休みが出来そうな非常勤の職場で、給料も勤務医並みの好条件な病院があったので面接しました。
面接前に聞かれる質問の答え方のレクチャーもしてくれて、そのおかげで希望の病院に転職できました。

医師 求人医師求人・転職